お遍路の参拝方法についてご説明します

参拝方法について

社寺

山門で合掌を行うことから

霊場についたら、まずは山門と呼ばれる正門にて、合掌を行いましょう。そして門を通過する時には、向かって左側を通ることが基本となります。
また、手水場と呼ばれる手を洗う場所にて手を清めてから本堂に向かいましょう。

鐘を突きましょう

鐘を突く時は、一回のみに留めておきましょう。鐘を突く目的としては、仏様に自分が来たことを知らせ、こちらを見てもらうということです。そのため、本堂から出るときに鐘を鳴らすことはやめましょう。

ロウソクや線香をお供えする

本堂に到着したら、納め札を記入してください。ロウソクと線香、お賽銭を納めた後に読経を行いましょう。読経を行う時は、必ずしも全てを唱える必要はありません。自分に負担がかからない程度に行っても良いのです。

基本の参拝方法をおさえよう

お遍路ツアーでは基本的な参拝方法を知っておくことで、スムーズな参拝を行うことができます。また周囲にも参拝者がいることを良く理解し、心にゆとりを持った状態で本堂で読経を行うことが大切なのです。

広告募集中